Google Bardを使ってスプレッドシートの関数を教えてもらう

Google Bardとは

Google Bardは、Googleが開発した大規模言語モデルで、対話型AI、チャットボットとしても知られます。大量のテキストデータでトレーニングされており、幅広いプロンプトや質問に対し、人間っぽいテキストを生成してコミュニケーションをとることが可能です。たとえば実際起こった出来事の概要を述べたり、記事を書いたりすることもできます。

Bardの使い方は簡単です。Googleアカウントにログインしてbard.google.comにアクセスし、「Join waitlist」ボタンを押して、「Yes, I’m in」を選択するだけです。後日アクセスが可能になるとメールで通知が送られてきます。

現状では日本語は使えませんが、4月21日(米国現地時間)、試験提供中の対話型生成AI「Bard」にコーディングとデバッグを支援するアップデートの提供を開始したというアナウンスがありました。

Google Bardに関数の作り方を聞いてみた

私

特定の日付の値を合計するスプレッドシート関数を作成してみて

Bard
Bard

特定の日付の値を合計するスプレッドシート関数は次のとおりです。

=SUMIFS(sum_range, criteria_range1, criteria1, criteria_range2, criteria2, ...)

コードは慎重に使用してください。もっと詳しく知る

  • sum_range:合計する値を含むセルの範囲。
  • criteria_range1:最初の基準の基準を含むセルの範囲。
  • criteria1:最初の基準の基準。
  • criteria_range2: (オプション) 2 番目の基準の基準を含むセルの範囲。
  • criteria2: (オプション) 2 番目の基準の基準。

Bard
Bard

たとえば、売上を追跡するスプレッドシートがあり、2023 年 1 月 1 日に行われたすべての売上を合計するには、次の式を使用します。

=SUMIFS(B2:B10, A2:A10, "2023-01-01")

この数式は、範囲 A2:A10 の値 “2023-01-01” と同じ行にある範囲 B2:B10 のすべての値を合計します。

式の内訳は次のとおりです。

  • sum_range: B2:B10 は、合計する値を含むセルの範囲です。
  • criteria_range1: A2:A10 は、条件を含むセルの範囲です。
  • criteria1:「2023-01-01」が基準です。

この数式は、範囲 A2:A10 の値 “2023-01-01” と同じ行にある範囲 B2:B10 のすべての値の合計を返します。

これが役立つことを願っています!他にご不明な点がございましたら、お問い合わせください。

とりあえず簡単な数式をオーダーしましたが、きっちりと回答してくれていますね。ちなみに回答は全て英語でしたがGoogle翻訳で日本語にしたものを貼り付けています。

コメント